英文運輸白書 平成7年度 - 運輸省

英文運輸白書

Add: ivonudup75 - Date: 2020-11-29 18:15:27 - Views: 8501 - Clicks: 8219

0%を製造業が占めました(第212-1-1)。 【第212-1-1】企業事業所他のエネルギー消費の推移(xls/xlsx形式:30KB). 0%)の水準(約 7,080万t-CO 2 )にすることを目標とします。 (3)メタン メタンについては、年度比 12. 1 8月4日,外務省は,飯倉公館において平成26年度外務大臣表彰式及びレセプションを行います。 2 今年度表彰されるのは,個人108名,30団体(うち国内在住受賞者は個人20名,10団体。海外在住受賞者は88名,20団体。. 貨物部門のエネルギー消費量は、第二次石油ショック後の1980年度から1982年度まで前年度実績を割り込むことがあったものの基本的に拡大し続け、1996年度にピークに達しました。それ以降は、減少傾向に転じ、年度にはピーク期に比べて24%縮小しました。貨物部門は経済情勢、燃料価格の変動、産業構造の変化及び省エネルギー技術の普及などに影響されやすく、そのエネルギー消費量は旅客部門に比べ、伸びが穏やかで、より早い時期に減少局面に転じ、その減少幅がより大きいのが特徴です。 貨物部門のエネルギー消費の内訳を見ると、約9割が自動車で占められています。1990年度は、自家用トラックのエネルギー消費は貨物部門全体の半分以上を占めましたが、1995年度をピークに減少に転じ、全体に占める比率も低下しました。一方、営業用トラックのエネルギー消費は1990年代にかけて増加し、年度から自家用トラックを上回るようになりましたが、年度にピークに達し、その後は減少傾向に転じました。 船舶のエネルギー消費は、高度経済成長期を通じて増加したものの、1980年度から減少に転じました。そして、19.

総務省「国勢調査」によると、年の総人口(年齢不詳人口を除く)は1億2,520万人、生産年齢人口(15歳~64歳)は7,592万人である。 14歳以下の推計人口は1982年から連続して減少が続いており、少子化に歯止めがかからない実態が改めて浮き彫りになっている。. 平成30年度補正予算「中小企業向けハイブリッドトラック等導入支援事業」の2次公募実施について(国土交通省) /06/04 年度(令和元年度)二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(物流分野におけるCO2削減対策促進事業)の2次公募開始について. 平成27年度(年度)以降に経済産業省が委託した調査の報告書をご覧いただけます。 なお、特定の政策や事業と一体不可分として実施される調査や、公開することにより特定の個人又は法人の権利利益を害するおそれがある文書は掲載していません。. 第1章 道路交通事故の動向(PDF形式:269KB) 1. 第3節 鉄道の安全な運行の確保 4.

非エネルギー起源二酸化炭素については、年度比 6. 本・情報誌『英文運輸白書 平成9年度』運輸省のレンタル・通販・在庫検索。最新刊やあらすじ(ネタバレ含)評価・感想。おすすめ・ランキング情報も充実。TSUTAYAのサイトで、レンタルも購入もできます。出版社:独立行政法人国立印刷局. See full list on www8.

8%)の水準(約3,160万t-CO 2 )に. 平成29年度中央アジア実務者招へい(観光分野)の実施(平成30年2月16日) 「中央アジア+日本」対話・第3回専門家会合(運輸・物流)の実施(結果)(平成28年2月4日). 公表資料(PDF形式:238KB) 報告書(PDF形式:1,604KB) 英文概要(「Survey on Actual Condition and Market Size of Electronic Commerce for 」(PDF形式:1,085KB) 平成15年度IT業務連携に関する実態調査. 【tsutaya オンラインショッピング】運輸白書 平成7年度/運輸省 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本. 第2節 鉄道交通の安全に関する知識の普及 3.

旅客部門のエネルギー消費量は、自動車の保有台数の増加もあり、GDPの伸び率を上回る伸びで増加してきましたが、年度をピークに減少傾向に転じました。年度にはピーク期に比べて21%縮小しました(第212-3-4)。これには、自動車の燃費が改善したことに加え、軽自動車やハイブリッド自動車など低燃費な自動車のシェアが高まったことが大きく影響しています(第212-3-5、第212-3-6)。 【第212-3-4】旅客部門の機関別エネルギー消費の推移(xls/xlsx形式:88KB) 【第212-3-5】旅客自動車の車種別保有台数の推移(xls/xlsx形式:100KB) 【第212-3-6】ガソリン乗用車平均燃費(10・15モード)の推移(xls/xlsx形式:54KB) 旅客部門のエネルギー消費の内訳を観察すると、1967年度以降は自家用乗用車が半分以上を占め、堅調に増大してきました。自家用乗用車のエネルギー消費量は年度をピークに減少傾向を示しているものの、依然として旅客部門全体の約8割を占めています。 旅客部門におけるエネルギー源は、年度では76. 平成29年まんがで読む防衛白書 防衛省・自衛隊の国内外での活動を知ろう!. 9%でした(第212-2-1)。 【第212-2-1】最終エネルギー消費の構成比(年度)(xls/xlsx形式:51KB) 家庭部門のエネルギー消費は、生活の利便性・快適性を追求する国民のライフスタイルの変化、世帯数増加などの社会構造変化の影響を受け、個人消費の伸びとともに、著しく増加しました。第一次石油ショックがあった1973年度の家庭部門のエネルギー消費量を100とすると、年度には221.

違反事例速報(令和2年度) 違反事例速報(令和元年度) 過去の違反事例(平成12年度~平成30年度) 輸入届出における代表的な違反事例; 本貨物の輸入に先立つ輸入相談の代表的な違反事例. 第7節 被害者支援の充実と推進 8. 第1節 道路交通環境の整備 2. 地震・火山月報(防災編) 〔非売品〕 防衛省. これらの規定に基づき、年度(平成27年度)の温室効果ガス排出量等を算定しました。 年度の我が国の温室効果ガスの総排出量は、13億2,500万トン(co 2 換算。以下同じ。)でした。. 第1節 道路交通事故の長期的推移 2.

Amazonで運輸省の英文運輸白書 平成7年度。アマゾンならポイント還元本が多数。運輸省作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また英文運輸白書 平成7年度もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 年度(平成31年度)一般会計予算における国土交通省所管の歳出予算は6兆8982億6155万3千円 。組織別の内訳は国土交通本省が6兆億4434万8千円と全体の約92%を占め、以下、国土技術政策総合研究所が54億8451万3千円、国土地理院が105億4289万1千円、海難審判. 本・情報誌『英文運輸白書 平成7年度』運輸省のレンタル・通販・在庫検索。最新刊やあらすじ(ネタバレ含)評価・感想。おすすめ・ランキング情報も充実。TSUTAYAのサイトで、レンタルも購入もできます。出版社:独立行政法人国立印刷局. 運輸白書(市販版名),運輸経済年次報告(公文書版名), 同内容 付属資料: cd-rom(1枚 12cm、平成12年度-) 著者名: 運輸省 巻次(年次): 昭和39年度 (昭39)-昭和63年度 (昭63) ; 平成元年度 (平1)-平成12年度 (平12) 継続後誌: 国土交通白書 / 国土交通省 編集協力. る統計、運輸関連企業の経営に関する統計等を収録。 事業所数・従業員数・売上(収入)金額 【平成24年 経済センサス-活動調査報告】→ 配架場所G2 (編集:総務省統計局・経済産業省大臣官房調査統計グループ・(一財)日本統計協会・(一.

0の経済へ-(平成30年8月3日) 全文; 説明資料(日本語版) その1(PDF形式:765KB) その2(PDF形式:675KB) その3(PDF形式:680KB) 全体版(PDF形式:1,203KB). 運輸省(当時)は、観光施設の復旧・復興に際して、以下の対策協議会・委員会を設置した。『運 輸白書(平成7年)』運輸省,p61-62 ・ホテル・旅館等復興対策協議会:被災地域におけるホテル・旅館等の早期の営業再開や、利用の. 海岸統計(平成28年度) 〔非売品〕 海上労働 〔非売品〕 全国都道府県市町村別面積調 〔非売品〕 運輸要覧 〔非売品〕 気象庁. 第5節 道路交通秩序の維持 6. 平成30年版過労死等防止対策白書(本文) について紹介しています。. 3%(年度比 18. 第1節 鉄道交通環境の整備 2.

平成30年度年次経済財政報告-「白書」:今、Society 5. ~四国地方における運輸の動き30年(昭和62年度~平成28年度)~ 本州・四国間は、昭和63年4月10日に児島・坂出ルート(瀬戸大橋・鉄道併用橋)が開 英文運輸白書 平成7年度 - 運輸省 通し30年目を迎えるにあたり、瀬戸大橋開通前の62年度から30年間の動向を見ることとし. 第8節 鉄道事故等の原因究明と再発防止 9. 5まで低下しました。近年は省エネルギー機器の普及とともに、個人消費とエネルギー消費の相関が弱まってきています(第212-2-2)。 【第212-2-2】家庭部門のエネルギー消費と経済活動等(xls/xlsx形式:73KB) 家庭部門のエネルギー消費量は、「世帯当たり消費量×世帯数」で表すことができます。したがって、世帯当たり消費量の増減(原単位要因)及び世帯数の増減(世帯数要因)が、家庭部門のエネルギー消費の増減に影響を与えます。世帯当たりの消費量は、エネルギー消費機器の保有状況・効率、所得、エネルギー価格、世帯人員、省エネルギー行動などに左右されるほか、短期的には気温変動の影響も大きく受けます。1973年度から年度までにエネルギー消費は1,199×1015J増加しており、そのうち世帯数要因によるものは736×1015J、原単位要因は463×1015Jでした(第212-2-3)。世帯数の増加と家電製品などの普及による世帯当たり消費量増がともに増加に寄与していました(第212-2-4)。一方、年度から年度までの間でエネルギー消費は197×1015J減少し、そのうち世帯数要因によるものは261×1015Jの増加、原単位要因は457×. 4兆円、従業員数約54万人にのぼる業界であるが、従業員 数10人以下の中小零細企業が約8割を占める。. 学校基本調査は、学校に関する基本的事項を調査し、学校教育行政上の基礎資料を得ることを目的としています。全国の幼稚園、幼保連携型認定こども園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校及び各種学校を対象. 年9月末の世帯及び企業における情報通信サービスの利用状況 等について調査した「通信利用動向調査」の結果を取りまとめました。.

7%を占めました(第212-3-1)。 1965年度における運輸部門のエネルギー消費量は798×1015J(最終エネルギー消費全体の18%)であり、その構成は、旅客部門が41. 自動車整備業界の概況(平成28年度) 自動車整備業界は、年間売上高約5. 第1章 鉄道交通事故の動向 第2章 鉄道交通安全施策の現況 1. 第3節 安全運転の確保 4. 第4節 鉄道車両の安全性の確保 5. 運輸白書: 主題: 交通経済; 運送: 分類・件名: ndc6 : 682. 国土交通省九州運輸局 <問い合わせ先> 九州運輸局自動車交通部 担当:山口、松野 電話092-472-2528 平成20年10月6日 平成20年度公共通活性化総合プログラム. Amazonで運輸省, 運輸経済研究センターの英文 運輸白書〈平成9年度〉。アマゾンならポイント還元本が多数。運輸省, 運輸経済研究センター作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

運輸省鉄道監督局 運輸省大臣官房都市交通課 運輸省 運輸省大臣官房 運輸省地域交通局 運輸省運輸政策局 国土交通省総合政策局 日本法制資料出版社: 白泉社 政府資料調査会. 平成7年度においては、科学技術庁、厚生省、農林水産省、林野庁、工業技術院及び郵政省の6省庁21機関が採用を計画し選考手続きを行った。 昭和の新人と平成の新人の就業意識の違い. 運輸省『運輸白書(英文) 平成8年度』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. See full list on enecho. 9倍まで低下しました(第212-1-2)。 【第212-1-2】製造業のエネルギー消費と経済活動(xls/xlsx形式:28KB) このように、石油ショッ.

第7節 被害者支援の推進 8. 平成14 年 3 月25 日 芦屋女子短期大学英文学科募集停止 平成16 年 3 月31 日 芦屋女子短期大学英文学科廃止 平成16 年11 月30 日 芦屋女子短期大学に文化福祉学科増設認可される。 平成18 年 4 月 1 日 芦屋大学教育学部英語英文学教育科を国際コミュニケーション. 「平成25年度エネルギーに関する年次報告」 (エネルギー白書)pdf版. 第4節 車両の安全性の確保 5. 1/2(PDF形式:333KB)|2/2(PDF形式:1,010KB) はじめに I 高齢者を取りまく現状 II 高齢者に係る交通事故防止に向けた取組 III 高齢者に係る交通事故防止に向けた更なる対策の推進. 1 ndlc : dk7 ndlsh : 運送 ndlsh : 交通経済: 注記: 昭和53年度参考資料の頁数: 357p: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ウンユ ケイザイ ネンジ ホウコク: その他のタイトルのヨミ、その他のヨミ: ウンユ ハクショ. 7%(年度比 17. 第2節 平成28年中の道路交通事故の状況 第2章 道路交通安全施策の現況(PDF形式:801KB) 1.

その他,【中古】 運輸白書 平成9年度 / 運輸省 / 大蔵省印刷局 単行本【ネコポス発送】 - baldrigecoach. 第6節 救助・救急活動の充実 7. 業務他部門は、事務所・ビル、デパート、ホテル・旅館、劇場・娯楽場、学校、病院、卸・小売業、飲食店、その他サービス(福祉施設など)の9業種に大別されます。これら9業種のエネルギー消費を見ると、1975年度までホテル・旅館のエネルギー消費が最大シェアを占めていましたが、1976年度以降、事務所・ビルが最も大きなシェアを占め、1979年度から卸・小売業のシェアが2位になりました。年代前半では、卸・小売業のシェアは一時的に事務所・ビルを抜き、最大となりましたが、その後再び事務所・ビルが1位になりました(第212-1-7)。 【第212-1-7】業務他部門業種別エネルギー消費の推移(xls/xlsx形式:109KB) 業務他部門のエネルギー消費量の推移を見ると、1965年度から1973年度までは、高度経済成長を背景に年率15%増と顕著に伸びましたが、第一次石油ショックを契機とした省エネルギーの進展により、その後しばらくエネルギー消費はほぼ横ばいで推移してきました。しかし、1980年代後半からのバブル経済期には再び増加傾向が強まりました。その後は年代後半からのエネルギー価格の.

第5節 踏切道における交通の安全についての対策 6. 平成30年版消防白書(平成31年2月5日閣議配布)では、特集において、最近発生した災害を踏まえた対応のほか、 消防防災ヘリコプターの安全運航体制の強化や、消防の広域化の推進、消防団を中核とした地域防災力の充実強化、. 第2節 交通安全思想の普及徹底 3.

英文運輸白書 平成7年度 - 運輸省

email: tesyne@gmail.com - phone:(843) 539-4835 x 4709

がっくんチョ - かわくぼ香織 - 箕野希望 キミがダイスキなんだ

-> ギリシア思想入門 - 岩田靖夫
-> 神経情報科学入門 - 高雄元晴

英文運輸白書 平成7年度 - 運輸省 - 札幌医科大


Sitemap 1

小野正吉フランス料理 肉料理 - 小野正吉 -